2月15日(木)16日(金)9条改正を考える[集中的な議論と模擬国民投票]を開催

2018年2月15日(木)16日(金)
憲法9条の改正を考える[集中的な議論と模擬国民投票]を開催します。
[2月15日(木)16日(金)、両日とも参議院議員会館で実施]
●2月15日(木)
11時45分に参院議員会館1階エントランスに集合。
各人に入館タグを渡します。
12時~13時 打ち合わせ、注意とお願い
13時15分 会場入り 会場入りの際、携帯電話をスタッフに預けていただきます。
13時30分~開始
・13時40分~15時30分 議員、学者らのプレゼンテーションおよび質疑応答
➀ 現行9条支持
A:(戦力保持も自衛戦争も不可)   13時42分~13時52分(船橋氏or仁比氏)
B:(戦力保持も自衛戦争も可能)   13時53分~14時03分(杉尾秀哉氏)
② 自民党を中心とした改憲案を支持
AおよびB              14時04分~14時14分(船田元氏)
B                   14時15分~14時25分(長島昭久氏)
③ 市民の新9条案(護憲的改憲案)〃   14時26分~14時32分(解説:白井和宏氏)
14時33分~14時43分(堀 茂樹氏)
14時44分~14時54分(山尾志桜里)
                   14時55分~15時30分 質疑応答

休憩(部屋を移動します)※15時55分には会場に入ること。

・16時~18時45分 プレゼンテーションを受けて全体で議論します(2時間半・休憩15分)。

19時 初日終了。携帯電話をお返しします。解散。
首都圏外から参加されている方は、こちらが確保しているホテルに移動してチェックイン。

●2月16日(金)

9時30分に参院議員会館1階エントランスに集合。
9時40分~10時10分 打ち合わせ、注意とお願い
10時15分 会場入り 会場入りの際、携帯電話をスタッフに預けていただきます。
・10時半~12時半 全体で議論(2時間・休憩なし)
・12時半~13時15分 昼食休憩
・13時15分~15時15分 全体で議論(2時間・休憩なし)
休憩・15分
・15時30分~投票(秘密ではなく公開)
全員が投票した後。1人2分以内で、議論開始前と議論開始後で考えが変わったか否か。変わったとしたらなぜなのか。変わらなかった人は、2日間議論に参加して考えたこと思ったことを話してください。
・16時 1人ずつの語りが終了
・16時~16時15分 主催者が挨拶して終了・解散

16時45分より1時間ほど、地下の議員会館食堂で「打ち上げ」です。
………………………………………………………………………………………………………………
◆議論に参加される方の立場・意見

➀ 9条護持を支持
[A]戦力を保持せず自衛を含めあらゆる戦争を放棄するのが九条の本旨だという理解で九条を支持。
[B]九条は自衛のためなら戦力保持や戦争することを認めているという理解で九条を支持。

② 自民党を中心とした改正案を支持
[A]「9条1項・2項を維持した上で、自衛隊を憲法に明記するにとどめるべき」との意見。
[B]「9条2項を削除し、自衛隊の目的・性格をより明確化する改正を行うべきとの意見。

③ 市民による改正案(いわゆる護憲的改憲案)を支持
集団的自衛権の行使、安保法制を否定した上で、個別的自衛権としての自衛戦争を認め、その戦力主体として自衛隊の存在を認めるが、アメリカなど他国の戦争に巻き込まれないよう厳しい規定を盛り込む。
…………………………………………………………………………………………………………………

[議論と投票]への参加者を募ります
ふだんから「戦争・軍隊・この国の行方」について強い関心を持ち、憲法9条についても自分の考えを持っている人。関心は持っているが、どう考え、どういう選択をすればいいのかわからない、決めかねているという人。どちらの方も[議論と投票]に参加していただけます。
首都圏のみならず、遠方(例えば大阪や沖縄、北海道など)からの参加も歓迎します。そういう方々には交通費を補助し、1日目に投宿するためのホテルの部屋は当方負担で用意します。ただし、2日間にわたる議論にきちんと参加することが必須条件です。それは、首都圏からの参加者にも約束し履行していただきます。それができないという方は参加申し込みを控えてください。
それから、議論の模様は宮本正樹氏(劇映画『第九条』の監督)が中心となって撮影し、後日、ドキュメンタリー作品として主催者が公開します。また、同じく議論の模様を活字化、書籍化する可能性もあります。そのことについても事前に了解してください。
また、前述したように、24人の参加者は無作為抽出ではなく、事前に➀②③の3つのうちどれを支持しているかを確認し、世代や性別のバランスも考慮して選定します。なので、申し込んだら必ず「議論と投票」の参加者に選ばれるとは限りません。その点をご理解ください。

★参加希望者は、2018年2月8日(木)までに申し込んでください。席数が10しかありませんので、個々の申し込み者にEメールや郵便などで参加していただけるか否かを返信させていただきます。

[国民投票/住民投票]情報室
TEL/FAX:06−6751−7345
Mail:info.ref.jp@gmail.com
URL:http://ref-info.com/

Follow me!